浮気調査を依頼する前に自分でも情報を集めよう

探偵に浮気調査を依頼する前に自分で調査してみよう

最近なんだか様子がおかしい、変にウキウキしたり急に期限が悪くなるなどの情緒不安定だったり、家族との時間が以前より急激に減ってしまうなどの変化が現れた場合、浮気の可能性があります。

 

浮気をされることはかなりショックな事ですが、もし浮気をされているのなら、浮気の確実な証拠を掴む必要があります。

 

●浮気調査を探偵に依頼すると大金がかかる?
浮気の確証を掴みたいと思ったら、手っ取り早い方法は探偵に浮気調査を依頼することですが、探偵を雇うとかなりの金額がかかります。

 

浮気調査の場合、大抵の場合二人一組で調査をしますが、1時間の調査料金は平均2万〜2万5千円程度と高額で、1週間1日調査してもらった場合、大変な金額になってしまいます。

 

まだ浮気しているのか確信が持てない、浮気の確たる証拠が無い場合、自分である程度の証拠をそろえておいた方が、本格的に調査を依頼する場合にも費用が安くなる場合もありますし、離婚までは考えていない場合、配偶者(夫・妻、もしくは恋人)を問い詰めふたりを別れさせる材料にもなります。

 

自分でできる浮気の証拠集めとして、調査対象者の行動を日記に付けておき、浮気をしていそうな曜日を割り出したり、レシートや携帯支払いの明細書など、車やゴミ箱の中から拾って保存したり、少々難しい方法としては、薄型のICレコーダー、GPS付き携帯を通勤バッグに忍ばせる、携帯電話の中身をパソコンやSDに移し変えるなど、あらゆる証拠を集めてから、証拠を突きつけるなり、改めて浮気調査に探偵を雇うかどうかを決めるようにしましょう。